岡崎市の歯医者 豊田歯科 矯正歯科/歯周病治療/審美歯科/予防歯科

トップページへ戻る

ご予約はこちらから 0564-71-1077

文字サイズ

  1. ホーム
  2. インプラント療法

インプラント療法

インプラント療法

歯周病やむし歯で歯を失ってしまった場合、通常は両隣りの健全な歯を削ってブリッジを装着します。しかし、健全な歯に大きなダメージを与えてしま います。また、数本あるいは全部の歯を失ってしまった場合は、取り外し式の入れ歯を入れなければなりません。しかし、入れ歯では天然の歯と同じ様な噛みごたえを得ることが難しく、悩まれている患者様が多いのが現状です。
インプラントは人工の歯根を顎骨に埋め込み、骨とその人工歯根が直接結合した後(通常3~6か月)に歯冠を接続させるという治療法です(イラスト)。簡単な手術が必要ですが、天然の歯と同じ様な感覚で快適に噛むことができます。
インプラントの治療技術は年々進歩しており、その材質や形状の改良によって、より審美的で機能的な修復が可能になっています。現在、インプラントの成功率は95%以上で、非常に信頼性の高い治療方法となっています。

インプラント症例写真はこちらをクリック

オペ室&消毒室

完全個室の外科用オペ室です

オペ室を個室化することで感染リスクを減らし、機能的且つ衛生的に外科処置を行うことができます。

 

また当院では、オペ室に隣接した専用の消毒室を設け最新の設備で器具の洗浄、滅菌を行うことで、安心・安全に様々な手術を受けていただけるよう配慮しています。

オペ室&消毒室

シンプラント

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。そこで、治療前に病院でCT撮影を行うようにお願いしています。病院でCT治療を行い、当院で最先端のコンピューターシステム(Simplant)を使用して、あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。

なぜCT撮影が必要なのでしょうか?

歯医者さんでよく行うX線撮影は、歯の様子を見たりむし歯の治療をするのにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、あごの骨の硬さや形を調べる事が重要になります。あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、あごの病気や神経の位置なども調べることができます。

CT撮影をするには、どうしたらいいのですか?

提携している近くの病院に、歯医者さんから予約を入れてもらい、病院に撮影に行きます。CT撮影時間は数10秒ですが、全体の時間は撮影した画像データの作成時間を入れて約30分~1時間とお考えください。撮影の前に、お食事をなさっても構いません。

CTで撮影した画像は、どう使われるのですか?

CTで撮影した画像は、最先端のコンピューターシステム(Simplant)に取り込まれ、コンピューターの画面上であごの骨の状態を見ることができます。

シンプラント画面

この画像は、骨の状態をどこでも見たい位置で見ることができ、歯医者さんはこの画像を使って手術前に計画を立てます。

シンプラント画面

この画面を見ながら、歯医者さんが治療方法を分かりやすくご説明いたします。

インプラント料金について

豊田歯科では信頼できるシステム、材料、器材を用いて治療を行い、患者様に安心していただけるよう適正な治療費(料金)を設定しております。

当医院では、インプラント治療の埋入手術費用は1次オペと2次オペの両方を含めた料金となっております。手術代金の他に、アバットメント(土台)とクラウン(被せ物)が必要になります。インプラント手術に必要な骨が不足されている場合は、骨造成が必要になる可能性はあります。下記に限らず様々な方法がございますので、実際に拝見頂き、患者様に最適な方法と費用について治療計画書をお渡ししご説明させていただきます。セカンドオピニオンもお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

※全て税拔き価格となります。別途消費税が加算されます。

内容 料金 備考
精密診断 20,000円 インプラント治療を行う際、必ずCTでの精密検査を行います。
インプラント埋入手術 250,000円 1次・2次オペを含みます。
アバットメント 10,000~30,000円 インプラント体と上部構造をつなぐ中間構造体で臼歯部は基本的にチタン製となります。
上部構造クラウン 100,000円 審美性が高く強度もあるオールセラミックを使います。
骨造成 50,000円~200,000円 骨のダメージが著しく大きな場合は骨補填が必要になります。

インプラントの医療費控除について

インプラントは、自費治療となるため保険適用外となります。ですが、インプラントでかかった費用は医療費控除の対象となります。

医療費控除は「その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を払った場合において、その支払った衣装日が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができる」とされています。

 

咀嚼という「人が生きる上で最も大切な食べるという事」に必要不可欠な歯。そのため決して安価ではない治療費となりますが、少しでも費用の負担軽減のために医療費控除を活用してみてください。

医療費控除の対象となる金額ですが、以下のような計算となります。

 

医療費控除額=(実際に支払った医療費の合計-保険金などで補填される金額)-10万
(上限200万)

例えば、インプラント治療費が40万円で保険金の補填がない場合。

インプラント治療費40万円-10万円=30万円

この30万円が医療費控除対象となる金額になります。

 

<手術、検査、処置の必要性、内容、危険性、合併症などの説明文書>

これまでの経過と現在の状況並びに手術、検査、処置が必要な理由
(期待される効果と限界および実施されない時に予測される病状を含みます)

  • 1.歯や歯槽骨が欠損し通常の補綴(ブリッジや義歯など)では充分な咬合が回復できない場合に、人口歯根(歯科用インプラント)を埋入して咬み合わせを修復することができます。
    これにより咀嚼や歯並びがある程度改善できます。
    ただし、永久的に機能するものではなく、喫煙や清掃不良、過度の咬合圧、砂糖の過剰摂取などにより脱落する危険性があります。
    またインプラントは噛み応えを感知する感覚がなく、対合する天然歯に影響(破折など)が出ることがあります。
    歯槽骨量が少ない場合には歯冠の長さが著しく長くなり、食片が溜まりやすくなる場合があります。
    必要に応じて骨や歯肉の移植を行う場合があります。
  • 2.インプラントを行わない場合は、通常の義歯やブリッジなどにより咬み合わせを修復することになります。

手術、検査、処置の具体的な方法と内容(どのような手術、検査、処置か?)

  • 1.局所麻酔を行います。
  • 2.インプラント埋入に際して歯肉の剥離を行い、顎骨を露出させ、埋入用ドリルを用いて顎骨に穿孔します。
  • 3.純チタン製インプラント体(人口歯根)を埋入します。
  • 4.インプラント埋入に際し、吸収・欠損した顎堤(歯槽骨)には必要に応じて骨移植や人工骨の補填を行います。
  • 5.術後は口腔粘膜の縫合を行います。
  • 6.生着率は通常9割以上ですが、喫煙・飲酒・糖尿病などがある場合は、創傷治療の遅延および生着率低下のリスクが高まります。
  • 7.術前・術中・術後にX線撮影を行います。

予測される手術、検査、処置の危険性と合併症および対策

  • ●術後に手術部位から出血することがあります。出血した場合はガーゼ等で局所の圧迫(15分くらいガーゼを咬む)を行って下さい。圧迫で止血できない時には当院まで連絡してください。
  • 術後に腫脹や開口障害、嚥下障害、術後感染、発熱等が起こる可能性があります。抗菌薬や解熱鎮痛剤の内服をして頂きますが、症状が強い場合には他院にて点滴や必要な処置を行っていただくことがあります。
  • ●上顎の場合は術後に上顎洞炎を生じることがあります。
  • ●術後に頬や下口唇周囲や舌に知覚麻痺などの感覚異常が生じることがあります。神経回復を促す薬を処方し経過観察を行ったり、必要であればインプラント体を抜去したりする場合があります。
  • ●処置に伴い、口唇腫脹や口角炎が生じる場合があります。軟膏等で対応致します。
  • ●皮膚に内出血斑(青アザ)が出現することがありますが、経過とともに消失します。
  • ●隣接する歯に一時的な知覚過敏が生じることがあります。
  • ●薬剤によるアレルギーやショック症状:アレルギー体質の場合は特に注意が必要です。適切な処置、投薬が必要になります。
  • ●基礎疾患や服薬状況によってはインプラント手術が行えない場合があります。
  • ●その他、予期せぬ偶発症が出現する可能性がありますが、その都度最善の対応を致します。

同意を撤回する場合の対応

  • 1.今回の手術、検査、処置に関する同意を手術、検査、処置を実施する前に撤回できます。同意を撤回しても引き続き当院で治療などを受けていただけます。
  • 2.ご希望があればセカンドオピニオンなどについてご相談も可能です。
先頭へ戻る

GBR法

GBR法

顎骨が吸収して骨の高さや幅が少ない場合、以前はインプラントを断念しなくてはなりませんでした。しかし、近年GBR法(歯槽骨増大法)やサイナスリフト(上顎洞底挙上術)などの手術法が開発され、このような状況の患者様でもインプラントができるようになりました。当院では、 このような手術を行えるような設備を整えております。手術といっても入院などの必要はなく、食事もでき、日常生活にほとんど影響はありません。
最近、インプラント治療を行う歯科医院が多くなっています。それに伴って少なからずトラブルが生じているのも事実です。これらの問題の多くは歯科医と患者様とのコミュニケーションの不足がもっとも多い原因であると思われます。もう一つは、歯周治療に対する配慮が十分でないことが考えられます。歯が抜けた原因が歯周病であれば、残っている歯も歯周病にかかっている可能性が高く、それらの治療をまず徹底して行うことが先決です。もし、残っている歯の治療をしないでインプラントだけを行う歯科医がいたとしたら問題です。お口は大切な臓器のひとつです。お口全体をトータルで治療し、お口の健康を守ることが全身の健康につながると考えています。

GBR法イメージ

※症例は全て、当院で治療された患者様方です。

先頭へ戻る

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎の奥歯の歯槽骨(歯を支える骨)が薄くなっているケースで、骨量・骨幅を増大させる方法です。

上顎と上顎洞との距離が狭く、そのままではインプラントは不可能な場合で、ソケットリフト法では対応できない骨の高さが4mm以下の場合に行います。一般的にサイナスリフト法と同時にインプラントの埋入は行わないため、サイナスリフト後に骨の増大と安定が完了するまで4~6ケ月程度の期間を待たなければなりません。しかし、上顎の骨の高さが4mm以下の場合にはこの方法以外にインプラントを行うことは不可能です。治療期間はかかりますが、確実な方法と言えます。

インプラントを埋入する骨の高さが足りない場合に、非常に効果がある方法です。

先頭に戻る